多様な働き方実践企業にプラチナ認定されました

埼玉県が推進する女性の活躍によって経済を活性化する「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の
一環である「多様な働き方実践企業」に朝霞市文化・スポーツ振興公社が認定されました。
この制度は、仕事と家庭の両立を支援するため、テレワークや短時間勤務など、多様な働き方を
実践している企業等を県が認定するものです。

当公社は、次の評価基準のうち、7つ該当の「プラチナ」と評価されました。
(令和2年10月1日認定)

(1) 男女が共に仕事と育児・介護を両立できる
(2) テレワークやフレックスタイムなど独自の取り組みを導入している
(3) 出産した女性が現に働き続けている企業
(4) 女性管理職が活躍している企業
(5) 働きやすい職場環境づくりをしている
(6) 働き方に対する取組を表明している
(7) 男性従業員の育児休暇等の取得が定着している
(8) 働き方改革を積極的に進めている
(9) 従業員が長く働き続けている

その他の要件

  • 労働基準法や育児・介護休業法等の関係法令に違反する重大な事実の有無が過去3か年以内にないこと
  • 育児・介護休業法を遵守した就業規則を整備している
  • 次世代育成支援対策推進法及び女性活躍推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定し公表していること

これを機に、女性にとっても男性にとっても働きやすい環境づくりを実践し、仕事と子育て等の両立ができるよう、引き続き多様な働き方を推進してまいります。

「多様な働き方実践企業認定制度」については、埼玉県のホームページをご覧ください。→http://www.ecity.ne.jp/tayou/

タイトルとURLをコピーしました